新着情報

第55回 日本作詩大賞 新人賞 作品募集

原田悠里
※今回の歌唱は 原田悠里 さんに決定しております
プロフィールは オフィシャルサイト をご参照ください
北島音楽出版(株) 制作部 
ディレクター 阿部不二人 氏 から 一言
今年40周年を迎えた原田悠里は、これまで「木曽路の女」「津軽の花」等の旅情演歌から歌謡ポップス、 また、歌謡浪曲やクラシックなどを取り入れたものなど、幅広い楽曲を発表してきました。
今回、この作品募集に関しては、既成概念にとらわれず、新しい原田悠里の魅力を引き出せるような、個性豊かで、自由な発想の作品に期待したいと思います。

応募要項

  1. 未発表のオリジナル作品限定
  2. 作品はB4サイズの原稿用紙またはB4判の用紙(約257×364mm)
  3. オモテ面にはタイトルと詩のみを記入(個人情報はウラ面に記入)
  4. ウラ面に ※本名・筆名(ない場合不要)、※名前にはフリガナ、※住所、※電話番号、 職業、年齢を記入(※は必須。1作品が複数枚になる場合は最終ページ裏にのみ記入)
  5. 何編でも応募可
  6. 作品の訂正、差替え及び返却不可
  7. 振替払込請求書兼受領証が領収書となります(受領ハガキは発行いたしません)

♦ 過去に最優秀賞を受賞された方は審査対象外となります。

募集期間 2022年5月2日(月)~ 6月30日(木)必着!

審査料
1編につき2000円
郵便局から郵便振替にて事前にお支払いください
送金先
口座記号 : 00170-5-64081
加入者名 : 一般社団法人日本作詩家協会

「ご依頼人・通信欄」に応募作品数及び本名・住所・連絡先をご記入ください。
お支払いを証明する「振替払込請求書兼受領証」のコピーを作品に同封

賞について

最優秀・優秀賞作品はCD化され、賞状・盾及びJASRACより記念品を贈呈します。
佳作にも、賞状・盾が贈られます。
入選された作品は入選作品集に掲載し、入選者には贈呈されます。

審査及び結果発表について

  1. 審査及び選考は、作詩大賞委員会及び作詩家協会理事によって行われます。
  2. 審査結果は、決まり次第ホームページに掲載予定です。

送付先・問い合わせ

一般社団法人日本作詩家協会 事務局
〒160-0004 東京都新宿区四谷3-2 TRIIビル 4F
TEL 03-5363-6151  FAX 03-5363-6154

このページの先頭へ

「喜多條忠さんを偲び送る会」のご案内

関係各位
拝啓 早春の候となりましたが、コロナ禍の継続と厳しい環境は続きますが、ご健勝でお過ごしのことと存じます。
さて、生活に寄り添い、優しさと独特な感性で時代を描き、数々のヒット曲を書いてきた作詩家の喜多條忠(日本作詩家協会名誉会長)が、昨年11月22日74歳にて逝去いたしました。
突然の訃報に驚かれた方も多数いらっしゃったと思いますが、その節はさまざまな状況を考えて、近親者にて密葬を執り行いました。
つきましては、4月22日(金)に生前の親交や仕事などのお礼も兼ねて、偲び送る会を 開きたいと存じます。ご多忙のところを誠に恐縮ですがご参会いただきたくご案内申し上げます。
敬具
令和4年3月
送る会 委員長 石原 信一
喪主 喜多條 輝美
■日時
令和4年4月22日(金)  15時~17時
■場所
海運クラブ
〒102-0093 千代田区平河町2-6-4 海運ビル2F
Tel.03-3264-1825 Fax.03-3221-0228 
東京メトロ 半蔵門線・有楽町線・南北線「永田町駅」4、5番出口より徒歩1分
丸の内線・銀座線「赤坂見附駅」弁慶橋出口より徒歩5分
■会費
壱万円
■喪主
喜多條輝美
■実行委員長
石原信一 日本作詩家協会会長
■実行副委員長 
いではく 稲門歌謡会副会長 JASRAC会長
■発起人
南こうせつ
五木ひろし
石川さゆり
日本作曲家協会
日本音楽事業者協会
日本レコード協会
日本音楽出版社協会
日本歌手協会
日本財団
BOATRACE振興会
当日は平服にてお越しください。
また、多数のご参列が予想されるため、お車でのご参列はご遠慮いただき、電車等の公共交通機関をご利用ください。以上をご了承の上、ご理解・ご協力をお願いいたします。
今後の社会情勢により、変更等が生じた場合は改めてご連絡をさせていただきます。
なお、お香典は堅くお断りし、ご供花のみ受け付けいたします。
ご供花は、マル源 がまとめて承ります。 担当 鈴木
Tel.03-5700-5601 Fax.03-5700-5639 order@marugen.info
ご質問・お問い合わせ:日本作詩家協会内「喜多條忠さんを偲び送る会」事務局 平日11時~16時
Tel.03-5363-6151 Fax.03-5363-6154 jimukyoku@jla-official.com

このページの先頭へ

第1回作詩塾・東京【特別作詩講座 2021】 開催のお知らせ

第1回作詩塾は終了いたしました。

この度 日本作詩家協会の役員が講師となり、参加者の方々と“詩”について語り合えるような “少人数での勉強会”を開催したいと思っています。
対面での作詩講座が開催できるよう検討してまいりますが、今後新型コロナウィルスの感染状況や天候等により中止となる可能性もあります事ご了承の上、是非ご応募ください。

一般社団法人 日本作詩家協会
作詩講座委員会委員長 髙畠 じゅん子

協力:FCA(日本音楽作家団体協議会)
日本で唯一の12の音楽作家団体協議会で音楽作家の未来と生活を守ります

詳 細

2022年3月19日(土)   場所:ホテル・ルポール麹町(東京都千代田区)
  • 受付・開場:午後1時~ / 講座:午後1時半~5時
  • 参加費:無料
  • 定員:48名 (定員を超えた場合は抽選となります)
  • 応募条件作品1編【A4サイズ1枚】の提出(作品は教材として使用します)

応募方法 ( 定員 48名 )

受講申込書(PDF)に、希望者の氏名、年齢、ご連絡先など明記の上、作品1編と併せて郵送またはFAXでお申込みください。応募期間は以下のとおりです。

会員:2022年1月 6日(木)~ 13日(木)
一般:2022年1月17日(月)~ 24日(月)

■ 受講申込書(PDF)

定員以上となった場合は当協会にて抽選を行い、参加ハガキの送付をもって発表に代えさせていただきます。▶参加ハガキ発送予定 2月1日(火)頃
作品はA4用紙1枚に収めてください。【住所は書かず氏名のみを記載してください】
※作品は、返却いたしませんので予めご了承ください。

受講申込書【作品】送付先

一般社団法人日本作詩家協会 「作詩塾係」
〒160-0004 東京都新宿区四谷3-2 TRIIビル4F 
TEL:03-5363-6151  FAX:03-5363-6154

このページの先頭へ

日本作詩家協会・日本作曲家協会 共同企画
作詩・作曲コンテスト
「ソングコンテストグランプリ・2022」 作詩部門 募集要項

今回の募集は終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

今年も、日本作詩家協会と日本作曲家協会が共同企画「ソングコンテスト」に取り組むこととなりました。
作詩・作曲コンテスト「ソングコンテストグランプリ・2022」の詩・曲の募集は両協会の会員のみならず、広く一般の方に参加していただき、新たな才能発掘の一助になりたいと思っております。
今回の歌手は山本譲二さんに決定しております。
募集要項は下記の通りです。ふるってご応募ください。

2021年12月吉日
一般社団法人 日本作詩家協会
会 長    石原 信一
公益社団法人 日本作曲家協会
会 長    弦  哲 也

山本譲二
  • 歌  唱 : 山本譲二(テイチクエンタテインメント)
  • 募集期間 : 2022年1月17日(月)~3月17日(木)必着

応募窓口は 日本作曲家協会 です。

  • 送付先・問い合わせ
    公益社団法人 日本作曲家協会 ソングコンテスト係
    〒106-0032 東京都港区六本木3丁目4-7
    TEL :03-3585-4970   FAX : 03-3585-7694
    URL : http://www.jacompa.or.jp
  • 審査料 振込口座
    三井住友銀行 六本木支店 普通 7165897
    口座名義 公益社団法人日本作曲家協会
  • 応募規定
  1. 作品はB4判の原稿用紙またはB4判用紙(257×364ミリ)
    1編が2枚以上になる場合は右肩をとじる
  2. オモテ面にはタイトルと詩のみを記入(個人情報はウラ面に記入)
  3. ウラ面に 実名(フリガナ)・筆名(ない場合は不要)・住所・電話番号・年齢・職業を記入(筆名・年齢・職業は任意)
  4. 審査料払込票の写し
  5. 未発表のオリジナル作品限定
  6. 何編でも応募可
  7. 作品の訂正、取替え及び返却不可
  • 審査料 : 1編につき 2,000円
  • 審 査 : 作詩家協会・作曲家協会および制作担当ディレクターが審査する
  • 発 表 : 2022年4月上旬(予定) 両協会ホームページにて

< ご注意 >
作詩部門ですが、応募先は日本作曲家協会が窓口となります。
送付先及びお振込先のおまちがいのない様ご注意ください。

~ テイチクエンタテインメント 磯田繁男ディレクターからのメッセージ ~
いつでもどんなときでも、男らしくて恰好いい!自分と接してくれる譲二さんのイメージは皆さんのもつ山本譲二像と同じかと思います。今回の企画に参加させていただくにあたり、この日本中がもつイメージ通りの楽曲はもちろんですが、誰も想像しなかった新しい世界の楽曲が応募されることも大いに期待させていただきます。
山本譲二の魅力的な歌の世界へ一緒に踏み出して行きましょう!

山本譲二
山 本 譲 二
プロフィール
本  名: 山本譲二
生年月日: 昭和25年2月1日
出 身 地: 山口県下関市
血 液 型: A型
趣  味: ゴルフ・将棋・野球
1950年(昭和25年)2月1日、山口県下関市生まれ。
早鞆学園高校時代1967年(昭和42年)、夏の甲子園大会に山口県(当時は西中国地方)代表出場。
22歳、歌手を目指し上京。新宿の盛り場で弾き語りをしていたところを作曲家の浜圭介氏と出会い、1974年(昭和49年)「夜霧のあなた」で伊達春樹としてデビューするも芽が出ず。
新宿コマ劇場で北島三郎の楽屋に通い詰め、付き人兼、前唄を務めるようになる。
1978年(昭和53年)本名、山本譲二として再デビュー、“みちのくひとり旅”がミリオンセラーに。「第23回日本レコード大賞」ロングセラー賞など各賞を受賞。その年のNHK紅白歌合戦に初出場を果たす。
その後も “夢街道” “浪漫~Roman~” “関門海峡” “花も嵐も” はじめヒット曲多数。
過去14回のNHK紅白歌合戦に出場する。
2005年(平成17年)、クラブ野球チーム「山口きららマウントG」を設立、総監督に就任。
また、2011年(平成23年)には“おいでませ山口国体”“おいでませ山口大会”開会式の総合司会を務め、地元山口県を代表する芸能人として大いに盛り上げ、同年“山口ふるさと大使”に任命。
2007年(平成19年)には32年間所属した「北島音楽事務所」から独立、株式会社ジョージ・プロモーションを設立し、後進の育成に努める。

このページの先頭へ

令和三年度「第54回日本作詩大賞」

第54回日本作詩大賞が、12月4日(土)夜6時30分から、BSテレビ東京でオンエアされ、作詩大賞は、「君がそばにいるから」(作詩:幸 耕平、歌唱:純烈)に決定いたしました。

日本作詩大賞 歌唱 : 順列

審査結果

生放送日:12月4日(土) 午後6時30分~ 
審査会場:テレビ東京スタジオ

日本作詩大賞

幸 耕平
「君がそばにいるから」
作 詩 : 幸 耕平
作 曲 : 幸 耕平
編 曲 : 萩田 光雄
歌 唱 : 純烈
制 作 : 日本クラウン(株)

審査員特別賞

審査員特別賞 作詩 :  麻 こよみ
「下町銀座」
作 詩 : 麻 こよみ
作 曲 : 影山 時則
編 曲 : 伊戸 のりお
歌 唱 : 長山 洋子
制 作 : (株)JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント

令和三年度 第54回日本作詩大賞新人賞 受賞作品発表

日本作詩大賞新人賞に応募総数 1,676編のご応募をいただき、ありがとうございました。
入選作品が掲載された作品集を販売しております。詳しくはこちらをご覧ください。

男泣かせの雨が降る新人賞 小山内 圭 藍川 由那

最優秀新人賞

「男泣かせの雨が降る」
作 詩:小山内 圭
作 曲:筑紫 竜平
編 曲:南郷 達也
歌 唱:大川 栄策
制 作:日本コロムビア(株)

優秀新人賞

「泣きむし蛍」
作 詩:藍川 由那
作 曲:筑紫 竜平
編 曲:南郷 達也
歌 唱:大川 栄策
制 作:日本コロムビア(株)

佳作

♦ 「素面酒」  富田 有
♦ 「津軽 哀愁の雪原列車」  芳山 登
♦ 「天」  成瀬 友元
♦ 「花を咲かせる土になれ」  朝陽 昇子
♦ 「春蝉」  小山内 圭
♦ 「船という名の酒場」  高野 博美
♦ 「夫婦わらじ」  新山 瀬梨

作品名50音順

このページの先頭へ

日本作曲家協会音楽祭 インタビュー動画のお知らせ

作曲家協会では「ソングコンテストグランプリ・2021」「日本作曲家協会音楽祭2021 奨励賞インタビュー」など、11月3日のテレビの放映(BSテレ東)ではお届けできなかったコンテスト受賞者や、奨励賞受賞歌手のインタビューや、歌唱の様子をYouTubeで広報しています。

ソングコンテストグランプリ2021 神野美伽歌唱曲「グランプリ」「最優秀作品」受賞者インタビュー

「日本作曲家協会・日本作詩家協会 共同企画ソングコンテストグランプ・2021」神野美伽歌唱曲として選ばれたグランプリ及び最優秀作品の「浪花恋おんな」「無常の満月」の作詩、作曲家の発表と表彰、インタビューの模様をお届けしています。(2021年11月6日 公開)

ソングコンテストグランプリ2021 歌手「神野美伽」独占インタビュー

「日本作曲家協会・日本作詩家協会 共同企画 ソングコンテストグランプリ2021」にてグランプリ及び最優秀作品「浪花恋おんな」「無常の満月」を歌唱する「神野美伽」さんに独占インタビューをしました。(2021年11月8日 公開)

日本作曲家協会音楽祭2021 奨励賞受賞者インタビュー「真田ナオキ」「新浜レオン」「西田あい」「彩青」

北とぴあさくらホールにて開催され、11月3日にBSテレビ東京にて、その模様が放送された日本作曲家協会音楽祭2021。今回、見事奨励賞を受賞された演歌・歌謡会の次代を担う新進気鋭の若手歌手4名の皆様の喜びの声と今後の抱負をカメラの前で語ってもらいました。(2021年11月15日 公開)

このページの先頭へ

日本作曲家協会音楽祭 放映決定

日本作曲家協会音楽祭の放映が、以下の通り決定いたしました。

放映について

11月3日(水・祝) 16時30分より BSテレ東にて放映されます。
ソングコンテストグランプリ・2021グランプリ曲が、番組内で神野美伽さんによって歌唱されます。どうぞご期待ください。

このページの先頭へ

ソングコンテストグランプリ・2021 グランプリ曲決定!

 神野美伽さんが歌う「ソングコンテストグランプリ・2021」、4月に決定した作詩部門の最優秀作品2作品を課題詩として、日本作曲家協会が広く一般からの作曲募集を行ってきましたが、このたび、グランプリ曲と最優秀作曲賞が下記のとおり決定しました。
 グランプリ曲・最優秀作曲賞の2曲は、2021年9月22日(水)に、キングレコードより発売されます。尚、10月6日(水)に北区・北とぴあにおいて開催される「日本作曲家協会音楽祭」のステージにて表彰、歌唱されます。また、BSテレ東にて、 11月3日(水・祝) 16時30分より放映されます。どうぞご期待ください。

グランプリ曲

「浪花恋おんな」
作詩:まんだあつこ
作曲:山田恵範
編曲:伊戸のりお

最優秀作曲賞

「無常の満月」
作詩:國枝星志
作曲:山本茉莉
編曲:伊戸のりお

このページの先頭へ

2021年度 定時社員総会 開催

会員数 899名 出席者数 25名 書面評決数 40名 有効委任状 467名 出席率 59%
6月25日(金) けやきホール

 本年度の定時社員総会は、会場をこれまでのホテル・ルポール麹町からけやきホールへ移して開かれた。未だコロナ 禍が収束しない中、開催通知書にも記された通り、書面評決書または委任状の利用を促した上での開催となった。
 総会の前に、FCA(日本音楽作家団体協議会)のエンドウ.広報委員長から、設立35周年記念広報事業の一環として、音楽作家の現況・課題を把握するためのアンケートを実施したい旨の説明と会員への協力の依頼があった。
 午後2時40分、髙畠じゅん子事務局長が総会議長を石原信一会長に委任。
コロナ禍の中で粛々と…
「ワクチンの接種により一日も早くコロナ禍が収束して、いつものようにたくさんの会員の方たちが顔を揃えられる日が来るまで頑張っていきましょう」との力強い挨拶があった。
 初めに、出席者全員で昨年の物故者13名へ黙祷を捧げた。その後、指名依頼を受けた立会人により定足数が確認され、総会は成立し、粛々と進行していった。
  第1議案は2020年度事業報告(案)。各委員会からの報告内容があった。第2議案の2020年度決算報告(案)については、久仁京介財務委員長による概要報告に続いて、土井一彦事務局次長から補足説明が加えられ、髙柳憲嗣監事より監査報告があった。それぞれの議案について、会員から事前に送られてきた質問や参加者からの質問に対する回答がなされ、両議案は承認されて、約3時間にわたった定時社員総会は幕を閉じた。
 一昨年までは音楽業界関係者たちを招いて、美味しい料理やお酒を交えての懇親会がにぎやかに行われていたが、昨年に引き続き、コロナ禍への配慮で中止となった。来年こそ、会員たちの明るい 笑顔が全国から集まる社員総会であってほしいと心から願う。
 これまでの定款では、事業計画及びこれに伴う収支予算は、理事会の決議を経て、3月社員総会で承認を受けることになっていました。このため、3月社員総会、6月定時社員総会と、短期間のうちに2回の総会を開くことになり、費用もかかっていました。
 そこで、定款を一部変更して、来年から社員総会は年に一度、6月定時社員総会だけになり、事業計画・収支予算も承認を受けることになりました。

このページの先頭へ

三月社員総会開催

2021年度 事業計画案・収支予算案などを承認

会員数 918名 出席者数 34名 書面評決数 9名 有効委任状 592名 出席率 69%

1都3県に緊急事態宣言が出されている中、会員には「時節柄、無理のないように」との通知を事前に発送。新型コロナ感染拡大に最大限の注意を払いながら、三月社員総会は、3月18日(木)にJASRACに隣接する「けやきホール」にて開催された。
 髙畠じゅん子事務局長より開会宣言がなされ、コロナ禍により縮 小した社員総会となった経緯、参集への感謝、時間短縮に向けた議事進行への協力などが呼びかけられた後、石原信一会長を議長として、議事が進行。立会人によって定足数が確認され、半数以上の出席により総会は成立した。
 髙畠事務局長より2021年度事業計画の概要が説明された後、各分科委員長から具体的な説明が行われた。
 事業計画案については、昨年度コロナ禍の影響で中止となった公益的な文化事業「いい歌を創るための特別作詩講座」が今年度は東京地区会と共催で10月に実施予定である件、1月に新規事業として実施した「通信作詩講座(演歌・歌謡曲・ポップス)」を5月と10月にも継続して実施する件などが上げられた。
 収支予算案については、財務委員長から詳しい数字についての説明がなされ、今年度も引き続き厳しく予算の管理をしていくことを改めて確認した。また、定款の一部変更についても説明がなされた。
 その後、協会の運営について活発な質疑応答が交わされ、事業計画案・収支予算案・定款の一部変更は、賛成多数で承認された。
 理事と会員の交流の場として例年開かれていた懇親会は、昨年同様、残念ながら見送られた。一日も早くコロナ禍が収束し、日本作詩家協会の活動が以前のように活発に行われる日が来ることを心より願ってやまない。


このページの先頭へ