事業報告

平成27年度事業報告 (自平成27年4月1日~至平成28年3月31日)

概 要

 日本作詩家協会は、平成27年6月に創立50周年を迎え、特に、50周年事業として①50周年記念祝賀会、②50周年史編纂、③50年記念大賞の3事業を実施した。
 祝賀会は、ホテルオークラ東京 平安の間で開催し、500名を超える参加者で大盛況であった。
 従来からの各事業については、会員の支援・協力のもと、確実に実施した。音楽著作権の理解と保護を事業目的とした著作権シンポジウム「いい歌を残すための歌会議」及び年刊詩謡集「きょうの詩あしたの詩」の刊行及びデータベース化したものを一般に開示している2事業は、公益的な事業として内閣府に公益目的支出計画(平成23年度から平成29年度までの7ヶ年)として提出したもので、引き続き実施していくことになる。
 また、本年度も事務局の機能強化(特に経理事務)など法人としての体制整備に取り組んだ。

 一方、私的録音録画補償金制度の抜本的見直しや著作権保護期間の延長問題など諸問題の解決に向け、他の関連団体と連携・協力しながら取り組み、著作権保護期間の延長問題は、環太平洋パートナーシップ協定(TPP協定)の中で解決の運びとなった。

*会員異動状況
平成27年4月 1日  1,047名
平成28年3月31日  1,065名
入会者 66名
退会者 40名
物故者 8名

(1) 年間事業

以下に記載する事業は、当協会が年間を通して行う重要な継続事業である。

1. 第48回日本作詩大賞及び新人賞  (喜多條忠作詩大賞委員長)

 「日本作詩大賞」は、当協会が総力を結集して行う最大事業であり、音楽業界をとりまく厳しい環境の中で、音楽文化の発展に多大な貢献を果たしている。
第48回目を迎えた今回の放送は、平成27年12月3日(木)「木曜8時のコンサート」のスペシャル版としてオンエアされ、日本作詩大賞の作詩大賞と優秀作品賞及び創立50周年記念大賞、新人賞の最優秀新人賞と優秀新人賞、そして佳作が発表され、表彰が行なわれた。
今年の作詩大賞候補は、レコード会社11社から75作品の応募があり、第1次選考会を作詩家協会で7月10日に行い14作品を選び、第2次選考会をテレビ東京で行い、12月3日の本選に臨んだ。
 また、新人賞は、新人作詞家の登竜門として音楽業界からも注目を集めており、最優秀作品、優秀作品はCD化され、入選作品を掲載した作品集を刊行し、入選者に贈呈し、一般に実費で配布している。今年度の新人賞は2470編の応募作品があり、第1次、第2次そして最終選者を厳正なる審査の結果、入選作品として127編が選ばれた。その中から最優秀賞1編、優秀賞1編、佳作13編が決定した。

☆作詩大賞エントリー14作品(タイトル五十音順)

「愛のかげろう」 田久保 真見
「あき子慕情」 池田 充男
「うまれてきてくれてありがとう」 湯川 れい子
「お岩木山」 千葉 幸雄
「かたくりの花」 喜多條 忠
蛍子(けいこ) 高田 ひろお
「独楽(こま)」 久仁 京介
「さすらい慕情」 仁井谷 俊也
「人生雨のち時々晴れ」 たきの えいじ
「スポットライト」 喜多條 忠
長良川鵜情(ながらがわうじょう) 久仁 京介
秘恋(ひれん) 石原 信一
「まぼろしのキラク」 幸斉 たけし
「大和路の恋」 仁井谷 俊也

☆本選審査員(五十音順)

審査委員長 酒井 政利(音楽プロデューサー)
委 員 安藤 和津(エッセイスト)
金田一 秀穂(日本語学者・杏林大学教授)
富澤 一誠(音楽評論家)
中江 有里(女優・脚本家)
四方 章人(日本作曲家協会常務理事)

☆受賞作品

日本作詩大賞 「独楽(こま)」
作詩 久仁 京介
作曲 岡 千秋
編曲 丸山 雅仁
歌唱 島津 亜矢
制作 株式会社テイチクエンタテインメント
優秀作品賞 「お岩木山」
作詩 千葉 幸雄
作曲 中村 典正
編曲 伊戸 のりお
歌唱 三山 ひろし
制作 日本クラウン株式会社
優秀作品賞 「スポットライト」
作詩 喜多條 忠
作曲 水森 英夫
編曲 伊戸 のりお
歌唱 山内 惠介
制作 株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
創立50周年記念賞 蛍子(けいこ)
作詩 高田 ひろお
作曲 弦 哲也
編曲 前田 俊明
歌唱 山川 豊
制作 ユニバーサルミュージック合同会社

☆新人賞授賞作品

最優秀新人賞 「再会酒」
作詩  夜美 まこと
作曲  徳久 広司
編曲  石倉 重信
歌唱  湯原 昌幸
制作  株式会社テイチクエンタテインメント
優秀新人賞  「ぜんまいじかけ」
作詩  西村 道夫
作曲  湯原 昌幸
編曲  石倉 重信
歌唱  湯原 昌幸
制作  株式会社テイチクエンタテインメント
佳作(13編) 「浮名酒」 植野 孝志
「歌旅人よ-うたびとよ-」 氏原 一郎
「越後の親父」 佐渡 ミユキ
「想い出綴り」 松本 摂子
「おやじの形見」 千秋 仁
「きつねそば」 松尾 江里也
「下津井情話」 桃仙 橋佳
「秋雪」 竪山 正人
「昭和からの手紙」 結木 瞳
「昭和の人生一ページ」 外山 尚子
「人生ランナー」 中咲 結美子
「泣き虫ボトル」 高坂 のぼる
「夢二写し」 立岡 脩二
2. 第18回著作権シンポジウム「いい歌を残すための歌会議・東京」
  (髙畠じゅん子歌会議プロジェクト委員長長)

 著作権シンポジウム「いい歌を残すための歌会議」は、当協会の重要な文化事業であり、内閣府に提出した公益目的支出計画に記載した実施事業である。
なお、日本音楽著作権協会(JASRAC)、私的録音補償金管理協会(sarah)より助成を受けて行う実施事業でもある。
今年度は、役員16名が参加し、10月17日(土)ホテル ルポール麹町で実施された。
「歌会議」は1部シンポジウム、2部交流会では200名の参加者で大盛況となった。シンポジウムは、JASRAC齊藤眞美常任理事による音楽著作権に関する話、第47回日本作詩大賞新人賞の最優秀及び優秀作品の作曲者 西つよし氏の話、今回も参加者からあらかじめ質問を受けて、それに役員が答える形式とした。また交流会では、権利者としての作家とメーカー・カラオケ教室・歌謡曲ファンを含めたユーザーとの交流の場を通して、音楽著作権の正しい理解と保護について啓蒙した。

3. 2015年版年刊詩謡集「きょうの詩あしたの詩」  (たきのえいじ詩謡集委員長)

 内閣府に提出した公益目的支出計画に記載した実施事業の2つ目である。
本事業の目的は「作詩の普及」であり、具体的には年刊詩謡集「きょうの詩あしたの詩」として、多数の会員作品を網羅した作品集の刊行である。
レコード会社、音楽出版社、音楽事業社、雑誌社、関係団体等に寄贈し、音楽作品として世に出る機会の一助としている。
なお、作品集はデータベース化し、当協会のホームページ上に掲載し、一般にも開示し、また実費で配布している。

4. 会報  (久仁京介広報委員長)
 年4回発行している当協会唯一の機関紙である。
実務報告を加え、執行部と会員、または会員相互の交流を図ると同時に、関係団体とコミュニケーションの円滑化をはかるものである。
  • 年4回発行( No.191 ~ 194 ) 発行部数 1,200部
5. 協会ホームページ  (さいとう大三PC委員長)

 会員サービスの一層の充実をはかると共に、情報開示が求められており、当協会もオフィシャルホームページで一般にも情報発信をしている。
ホームページでは、当協会の紹介、日本作詩大賞及び新人賞、詩謡集、入会の案内などを掲載している。

6. 研修旅行会  (髙畠じゅん子研修旅行会副委員長)

 今年度の研修旅行会は、平成28年2月28日(日)・29日(月)熱海後楽園ホテル・タワー館で実施された。
セミナーは、佐藤尚テイチクエンタテインメントプロデューサーの歌創りの話、日本音楽著作権協会の齊藤眞美常任理事による、音楽著作権についての貴重な話を聞くことができた。
その後の懇親会は、和気あいあいの雰囲気の中で、日頃接し得ない役員と、会員同士の交流の場となった。

7. 50周年事業(新規事業)  (石原信一50周年プロジェクト委員長)

 平成27年6月に当協会は創立50周年を迎え、50周年事業として①50周年記念祝賀会、②50年史編纂、③50周年記念大賞の3事業を実施した。
祝賀会では、50周年記念大賞の発表と表彰式、城之内早苗(歌唱)も出席及び第1回受賞曲「晩夏」(鳥羽一郎・ギター木村竜蔵)、第2回受賞曲居酒屋「みなと」(竹川美子)の歌唱、当協会50年の軌跡をスクリーン上に演出、日本作詩大賞の歴代受賞作品の紹介及び第1回受賞曲「いつでも君は」(水前寺清子)、第47回受賞曲「ちょいと気まぐれ渡り鳥」(氷川きよし)、第46回受賞曲「博多ア・ラ・モード」(五木ひろし)、第15回受賞曲「契り」(五木ひろし)の歌唱等々が行なわれた。

(2) 協賛事業

主な関連団体への協賛
 従来からの関係団体への協賛を行ってきたが、本年度も引き続き参加・協賛を行った。
  • JASRAC賞の贈呈式(日本音楽著作権協会)
  • JASRAC主催の各文化事業(日本音楽著作権協会)
  • 日本作曲家協会の音楽祭(日本作曲家協会)

(3) その他の実施事項

1. 理事会

 理事会は、原則月1回開催された。
協会の事業遂行に関する事項について決定し、事業計画及び収支予算、事業報告及び決算等々を検討、社員総会において審議・決議、報告していくものである。

2. 社員総会
 社員総会は、6月と3月に開催された。
 事業報告及び決算、事業計画及び収支予算等々の諸問題を審議し決議する。
  • 6月5日(金)ホテルオークラ東京・曙の間
    議案  平成26年度事業報告と決算について
        50周年記念大賞の発表について
  • 3月25日(金)けやきホール
    議案  平成28年度事業計画と収支予算について
        定款の一部変更について
3. 分科委員会

 各分科委員会は、理事会で決定した事項によりその実務を遂行している。

作詩大賞委員会(新人賞選考委員会含む) 、法務・著作権委員会 、財務委員会 、広報委員会 、詩謡集委員会 、歌会議プロジェクト委員会 、研修旅行委員会 、50周年プロジェクト委員会

4. 全国地区会

 各全国地区会の自主的活動を第一としており、各地区の充実と発展を主たる活動方針に揚げている。
本年度は、平成27年4月15日 第1回「東海北陸地区会」、平成27年8月22日 第1回「関東甲信越地区会」及び平成28年1月30日 第2回「関西地区会」を開催した。

平成27年度4月期決算報告書(PDF:93.4KB) PDF

以上

このページの先頭へ