新着情報

平成28年度 第49回日本作詩大賞 受賞作品発表

第49回日本作詩大賞は、テレビ東京の特別番組として、12月1日(木)午後7時58分から2時間、同局系列でオンエアされました。

第49回日本作詩大賞

日本作詩大賞

「 空蝉(うつせみ)の家 」

作 詩 : 田久保 真見
作 曲 : 堀内 孝雄
編 曲 : 川村 栄二
歌 唱 : 堀内 孝雄
制 作 : 株式会社アップフロントワークス

優秀作品賞

「 心かさねて 」

作 詩 : 石原 信一
作 曲 : 幸 耕平
編 曲 : 丸山 雅仁
歌 唱 : 市川 由紀乃
制 作 : キングレコード株式会社

「 霧の川 」

作 詩 : 仁井谷 俊也
作 曲 : 弦 哲也
編 曲 : 前田 俊明
歌 唱 : 丘 みどり
制 作 : キングレコード株式会社

日本作詩家協会作品賞

「 阿吽(あうん)の花 」

作 詩 : 久仁 京介
作 曲 : 村沢 良介
編 曲 : 丸山 雅仁
歌 唱 : 島津 亜矢
制 作 : 株式会社テイチクエンタテインメント

日本作詩大賞審査会 特別賞

下地 亜記子

テレビ東京特別賞

林部 智史

平成28年度 第49回日本作詩大賞新人賞 受賞作品発表

日本作詩大賞新人賞に応募総数2,326編のご応募をいただき、ありがとうございました。
入選作品が掲載された作品集を販売しております。詳しくはこちらをご覧ください。

日本作詩大賞新人賞

最優秀新人賞

船折瀬戸(ふなおりせと)
作 詩:岸 かいせい
作 曲:水森 英夫
編 曲:前田 俊明
歌 唱:水田 竜子
制 作:キングレコード株式会社

船折瀬戸

優秀新人賞

「飛騨の恋唄」
作 詩:彩 ちかこ
作 曲:水森 英夫
編 曲:前田 俊明
歌 唱:水田 竜子
制 作:キングレコード株式会社

佳作

麻崎 恵
「宵待草慕情」
飯野 芳明
十八鳴浜(くぐなりはま)で」
いしざき あきお
「嵯峨野は夢」
大場 和正
「イーハトーブ雪の宿」
くに 多樹夫
「鳴き砂情話」
紺野 あずさ
「おんな竜馬と呼ばれています―土佐っこ純情―」
高木 知明
「京都 ながれ月」
田口 葉一
「しゅららん」
田島 隆夫
藍場川(あいばがわ)
堀口 忠年
「信濃路めぐり」
まんだ あつこ
「鳴き砂の宿」
美貴 裕子
()()(おうぎ)
宮野 敏昭
「積木橋」
吉井 省一
「博多にゃ博多の恋がある」

このページの先頭へ

第19回著作権シンポジウム「いい歌を残すための歌会議・鹿児島」を開催しました

当協会の文化事業のひとつである「いい歌を残すための歌会議・鹿児島」を11月12日に開催しました。

JASRAC九州支部長 北山豊彦氏 会長 喜多條忠
JASRAC九州支部長 北山豊彦氏
会長 喜多條忠
交流会 鹿児島地区会 会員のみなさん
交流会
鹿児島地区会 会員のみなさん

このページの先頭へ

平成28年度 社員総会 開催

平成28年6月10日 ホテル・ルポール麹町にて開催いたしました。
社員総会
会員の皆様も真剣に

JASRAC 理事長 菅原 瑞夫氏 日本作曲家協会 常務理事 四方 章人
テレビ東京相談役 島田昌幸氏 ご挨拶
JASRAC会長 いではく氏 ご挨拶

このページの先頭へ

三月社員総会開催

平成27年度 事業計画案・収支予算案などの承認

会員数 1,083名 出席者数 167名 有効委任状 574名 出席率 68.4%

 全国的に、例年より早い桜開花宣言があった今年の三月社員総会が、JASRACに隣接する「けやきホール」で開催された。
 髙畠じゅん子事務局長の開会宣言後、喜多條忠会長を議長とし、議事が進行。
「恒例であります2月の熱海研修旅行会も無事終わり、4月には役員選挙を控えております。そして作詩コンテストには、たくさんの応募があり、結果は、この後、総会の最後に発表いたします」との会長の言葉に、会場の雰囲気は期待にふくらんだ。
 先ず定款により定足数の確認を行い、過半数以上の出席で総会は成立。先ず各分科委員長からの「事業計画案」と、事務局からの「予算案」「定款の一部変更案」は、共に賛成多数で承認された。
 そして今年度行われる役員選挙の方法等については、質疑応答も活発に行われた。理事選挙については「連記無記名、連記数は理事18名の半分の9人以内」、「立候補条件は、従来どおりJASRAC正会員」である旨、報告した。
 続いて、お待ちかねの「日本作詩家協会コンテスト」結果発表。石原信一委員長より大賞2作品と受賞者名が発表されると同時に、入賞作品を記載したパンフレットを配附。会員は自分の応募作品が、入賞しているのかどうか、胸を高鳴らせて見入っていた。表彰式が行われると、受賞者に惜しみない拍手をおくる仲間達の、温かい笑顔が会場にあふれた。

 先に発表されたコンテストの余韻の中、午後4時過ぎから、敷地内の「リブレ」で懇親会が行われた。美味しいお料理とお酒に舌鼓を打ちながら、どの会員も「次こそは」という気概が感じられ、大いに盛り上がった。

このページの先頭へ

第49回 日本作詩大賞・新人賞作品募集

本年度の応募は終了いたしました。
応募総数2,326編のたくさんのご応募ありがとうございました。

※今回の新人賞の歌唱は、"水田竜子さん"に決定しております。

応募規定

  1. 作品はB4判の原稿用紙または白紙(1編が2枚以上になる作品は、右肩をとじる)
  2. 裏面に、実名(フリガナ付)・住所・電話・年齢・職業を明記
  3. 未発表のオリジナル作品限定
  4. 応募数の制限なし
  5. 作品の訂正、取替え、及び返却不可

募集期間

平成28年5月1日(日)~6月30日(木) 必着!

審査料

1編につき2,000円
払込済の受領証のコピーを作品に同封

審査料支払方法

郵便局でお支払ください

  1. 口座記号番号 00170-5-64081
  2. 振込金額 2,000円 × 応募数
  3. 加入者名 一般社団法人日本作詩家協会
  4. ご依頼人・通信欄には、応募作品数及び応募者の住所・氏名【実名】・電話番号を記入

振替用紙の受領証が領収書の代わりとなりますので、大切に保管してください。

  • 最優秀・優秀賞作品(各1編)には、賞状・盾・賞金/JASRACより記念品の贈呈/付曲されCD化(一部補作の場合あり)
  • 佳作(5~10編)には、賞状・盾の贈呈
  • 入選された方には、入選作品集をお送りします(翌年1月予定)

審査

  • 審査及び選考 - 作詩大賞実行委員会及び理事
  • 審査発表 - 予備・最終審査結果が決まり次第、ホームページ上に掲載予定

表彰

平成28年12月1日(木) テレビ東京 午後8時から生放送
「第49回日本作詩大賞」の番組内で表彰

送り先・問い合わせ

一般社団法人日本作詩家協会 新人賞係
〒160-0004 東京都新宿区四谷3-2 TRIIビル 4F
TEL 03-5363-6151  FAX 03-5363-6154

担当音楽プロデューサー古川健仁氏(キングレコード)から一言

このたびは伝統ある日本作詩大賞新人賞の歌唱歌手に、当社所属、水田竜子がなりましたことを、厚く御礼申し上げます。
水田は日本各地の、いわゆる「ご当地ソング」を歌い、その情感あふれる歌唱力で、みなさまから親しまれております。
今回新人賞に作品を応募なさるみなさまにも、詩情豊かな「ご当地ソング」を期待しております。
よろしくお願い致します。

このページの先頭へ