新着情報

平成26年度 第47回日本作詩大賞 受賞作品発表

第47回日本作詩大賞は、テレビ東京の人気番組「木曜8時のコンサート」のスペシャル版として、12月4日(木)午後8時から2時間、同局系列でオンエアされました。

仁井谷俊也/氷川 きよし

作詩大賞

「 ちょいときまぐれ渡り鳥 」

作 詩 : 仁井谷 俊也
作 曲 : 宮下 健治
編 曲 : 丸山 雅仁
歌 唱 : 氷川 きよし
制 作 : 日本コロムビア株式会社

優秀作品賞

「 愛鍵 」

作 詩 : 喜多條 忠
作 曲 : 花岡 優平
歌 唱 : 秋元 順子
制 作 : 株式会社テイチクエンタテインメント

「 男の火祭り 」

作 詩 : たか たかし
作 曲 : 杉本 真人
歌 唱 : 坂本 冬美
制 作 : ユニバーサルミュージック合同会社

作詩家協会特別賞

山口 洋子

テレビ東京特別賞

水前寺 清子

平成26年度 第47回日本作詩大賞 受賞作品発表

日本作詩大賞新人賞に応募総数2,142編のご応募をいただき、ありがとうございました。

日本作詩大賞新人賞

最優秀新人賞

「港 じゃんがら 帰り船」
作 詩:ながい さつき
作 曲:西 つよし
編 曲:南郷 達也
歌 唱:松永 ひとみ
制 作:日本クラウン株式会社

港 じゃんがら  帰り船

優秀新人賞

「待雪草」
作 詩:穐山 定文
作 曲:西 つよし
編 曲:南郷 達也
歌 唱:松永 ひとみ
制 作:日本クラウン株式会社
「私のもへじさん」
榛澤 洋子

佳作

「河津七滝桜人」
赤堀 かつ代
「幸福芝居」
飯野 芳明
「花のグラス」
石橋 憲一
「祇園のお化け」
霧野 ゆう
「泣き坂越えて」
工藤 洋
「ツンツン浪花の花の夜」
関 東西
「うたた猫」
竹石 暁美
「あんた」
奈緒
「ほろほろ恋慕」
松尾 江里也
「しみじみ・・・人生」
松島 賢一
「花の歳月」
まんだ あつこ
「陸中海岸花二輪」
みやの 舞
「日本の夏は浴衣で恋!」
夜美 まこと

このページの先頭へ

第17回著作権シンポジウム「いい歌を残すための歌会議・東京」を開催しました

当協会の文化事業のひとつである「いい歌を残すための歌会議・東京」を10月18日に開催しました。



会長 喜多條忠 ご挨拶 副会長 久仁京介 ご挨拶
会長 喜多條忠 ご挨拶
副会長 久仁京介 ご挨拶
JASRAC 会務部課長 真剣に聞く参加者
JASRAC 常任理事 齊藤眞美
真剣に聞く参加者


林よしこ 歌唱 プレゼント抽選会
林よしこ 歌唱
プレゼント抽選会

このページの先頭へ

平成26年度 社員総会・懇親パーティ
第2回 日本作詩家協会50周年記念大賞 受賞作品発表

平成26年度 社員総会・懇親パーティ

社員総会
border="0"
会員の皆様も真剣に
 
新会長 喜多條 忠 副会長 久仁 京介
会長 喜多條 忠
副会長 久仁 京介
新会長ご挨拶

JASRAC 理事長 菅原 瑞夫氏 日本作曲家協会 常務理事 四方 章人
JASRAC 理事長 菅原瑞夫氏 ご挨拶
日本作曲家協会 会長 叶弦大氏 ご挨拶
懇親パーティお出迎え
懇親パーティお出迎え
 
テレビ東京製作局長 大島信彦氏 乾杯
テレビ東京製作局長 大島信彦氏 乾杯
 
 
 

第2回 日本作詩家協会50周年記念大賞 受賞作品発表

受賞者
 
司会 湯浅 明氏
司会 湯浅 明氏


クラウンレコード 栗田ディレクター 「居酒屋「みなと」」原 文彦
クラウンレコード 栗田ディレクター
<大賞> 「居酒屋「みなと」」原 文彦
<優秀賞> 「ケーキと線香」池上 二郎 <優秀賞> 「五反田の金魚」音 綾
<優秀賞> 「ケーキと線香」池上 二郎
<優秀賞> 「五反田の金魚」祐田 彰

このページの先頭へ

三月社員総会開催

平成26年度 事業計画案・収支予算案などの承認

会員数 1,017名 出席者数 144名 有効委任状 570名 出席率 70.7%

 東京の桜が八分咲きとなった3月28日、三月社員総会がJASRACに隣接する「けやきホール」で開催された。
 会が始まる前には、奈良や名古屋から初めて参加したという新入会員が、互いに「ここに来るまで乗り継ぎが大変だった」と打ち明けたり、「帰りは一緒にね」と笑顔を見せ合っていた。
 さいとう事務局長の開会宣言後、里村会長を議長とし、議事が進行した。
 冒頭、里村会長より昨年の「第一回50周年記念大賞」、東京で開催された「いい歌を残すための歌会議」は共に成功裡に終えたという報告があった。
 また本年度は役員選挙が行われる年。4月上旬に役員立候補者名掲載の投票用紙を、全会員に郵送する予定であること。さらに来年の平成27年6月に、創立50周年を迎える当協会の、 50周年記念事業として(1)50周年記念大賞、 (2)50周年記念イベント、 (3)50年史編纂の3事業を実施する計画についても報告があった。
 そして定款により定足数の確認を行い、表記(タイトル下表示)の通り、半数以上の出席で総会は成立。続いて各分科委員長からの平成26年度の「事業計画案」と事務局からの「収支予算案」は、共に賛成多数で承認された。
 最後に質疑応答が行われ、年刊詩謡集の活用等に質問があった。また昨年まで当協会から講師を派遣していた、日本脚本家連盟「作詞講座」が閉講になったので、新たな事業として協会で作詩講座を開いてほしい等、活発な発言があった。

 午後4時過ぎ、同敷地内の「リブレ」で懇親会が催された。
 最初に喜多條副会長からの挨拶があり、その後お腹も空き始めた会員は、美味しい料理に舌鼓を打ちながら、お互いに紹介し合ったり、憧れの先輩と記念写真を撮ったりしながら、和やかなひと時を過ごしていた。
 今回はレコード各社のプロデューサーをお招きする形式でなく、会員同士がより懇親を深める会とした。この数年の特徴として若い会員も大勢参加するようになり、華やかで若々しい雰囲気に包まれていた。

このページの先頭へ

第47回日本作詩大賞・新人賞作品募集のお知らせ

本年度の応募は終了いたしました。
応募総数2,142編のたくさんのご応募ありがとうございました。

■募集開始
平成26年5月1日(木)
■募集締切
平成26年6月30日(月)必着
■発表
平成26年12月4日(木)テレビ東京より生放送予定
「第47回 日本作詩大賞」の番組内にて発表

応募について

  1. 未発表のオリジナル作品に限ります。
  2. B4判の原稿用紙または白紙を使用してください。
  3. 応募作品はひとり3編以内です。
    1作品ごとに欄外または裏に住所・実名・電話・年齢・職業を明記してください。
    実名には必ずフリガナを付けてください。
  4. 1編が2枚以上になる作品は、右肩をとじてください。
  5. 提出した作品の原稿は、取替えや返却は出来ませんのでご注意ください。
  6. 入賞した作品は、補作する事があります。
  7. 応募作品1編につき2,000円の審査料がかかります。
    現金で、必ず作品と一緒に送ってください。

賞について

  1. 最優秀作品賞 1編  賞状と盾、賞金10万円が贈られます。
    優秀作品賞 2編  賞状と盾、賞金5万円が贈られます。
    佳 作 5~10編  賞状と盾が贈られます。
    ☆ 最優秀作品賞及び優秀作品賞には、JASRACより記念品が贈られます。
  2. 最優秀作品は作曲され、当日、歌手によって発表のうえCD化されます。
  3. 入選された方には、後日、入選作品集をお送りします。

審査について

  1. 応募作品の審査は、作詩大賞実行委員会及び理事が選考します。
  2. 審査の経過及び結果などのお問い合わせには、一切お答えできません。

送り先・問い合わせ

一般社団法人日本作詩家協会 新人賞係
〒160-0004 東京都新宿区四谷3-2 TRIIビル 4F
TEL 03-5363-6151  FAX 03-5363-6154

このページの先頭へ