日本作詩大賞・新人賞 作品募集のお知らせ

第49回 (2016年度) の応募は終了いたしました。
応募総数2,326編のたくさんのご応募ありがとうございました。

第49回 日本作詩大賞新人賞予備審査発表

第49回日本作詩大賞新人賞の予備審査が終了いたしました。
今回は、水田竜子さんが歌う作品という規定のなかで、全国から2,326編の応募作品が集まり、私たちを喜ばせました。
このすべての作品に対して、作詩家協会理事全員が予備審査にあたりました。
予備審査を通過したのは、別紙119編の作品です。この予備審査を通過した作品の中から、平成28年度日本作詩大賞新人賞の最優秀賞作品、優秀賞作品が本審査で決定いたします。
本審査の発表は日本作詩家協会ホームページ上で9月下旬を予定しております。
みなさん、ご期待ください。

2016年8月31日

一般社団法人日本作詩家協会
会長 喜多條 忠

第49回 日本作詩大賞 最優秀新人賞・優秀新人賞が決定いたしました。(2016年9月30日)
詳細はこちら→

このページの先頭へ